東南アジア学会第101回研究大会プログラム

 

日時:2019年11月23日(土)・24日(日)

会場:静岡県立大学 草薙キャンパス(静岡県静岡市駿河区谷田52-1)
https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/guide/access/
JR「草薙駅」南口(県大・美術館口)、または静岡鉄道「県立美術館前駅」、同「草薙駅」から 徒歩15分

1日目 11月23日(土)

9:00 受付開始

9:30-9:40 開会の辞(国際関係学棟3108号教室

自由研究発表

A会場(国際関係学棟3108号教室)

司会 菅谷 成子

9:40-10:15 観光にみる地域文化の変容と表象:インドネシア錫鉱山地域の事例

二重作 和代(京都大学大学院・博士課程)

10:15-10:50 第2次世界大戦中のバンコクにおける日本軍駐屯地の変遷

柿崎 一郎(横浜市立大学)

10:50-11:25 フィリピンにおける賭博の規制と管理の変遷

師田 史子(京都大学大学院・博士課程)

11:25-12:00 19世紀~20世紀初頭ミンダナオ島ラナオ地方における紙の流通:イスラーム写本に使用された紙の検討を通じて

川島 緑(上智大学)

B会場(国際関係学棟3316号教室)

司会 大野 美紀子

9:40-10:15 なぜモンなのか?:歴史的・地理的状況にみる遊動狩猟採集民ムラブリのパートナーシップ選択

二文字屋 脩(早稲田大学)

10:15-10:50 動揺としての祖先祭祀:ベトナム村落部における「家族の祀堂」建設ブームの分析

加藤 敦典(京都産業大学)

10:50-11:25  タイ国の大乗仏教教団

片岡 樹(京都大学)

12:00-13:00 昼食休憩

C会場(大講堂)

大会シンポジウム「東南アジアと日本の長期変動:人口変動・労働移民・少子高齢化」

13:00-13:05 司会 玉置 泰明 (静岡県立大学)

13:05-13:30 「日本列島における人口の長期波動と文明システムの転換」

鬼頭 宏 (静岡県立大学)

13:30-13:55 「人口と人の移動から見た東南アジアの長期変動」

桃木 至朗 (大阪大学)

13:55-14:20 「高齢化する東南アジア社会は日本と同じ道をたどるのか:タイの事例から」

速水 洋子 (京都大学)

14:20-14:45 「東南アジアから日本への「労働力」と「人」の移動:1980年代以降を中心に」

高畑 幸 (静岡県立大学)

14:45-15:15 発表者による相互コメント

15:15-15:45 会場からの質疑と応答

15:45-15:50 休憩

15:50-16:50 会員総会

16:50-17:35 第16回東南アジア史学会賞受賞記念講演

「ベトナム労働問題研究からみる都市・農村関係」 藤倉 哲郎 (愛知県立大学)

17:35-18:35 第17回東南アジア史学会賞授賞式・受賞記念講演

18:50-20:20 懇親会(会場:学生ホール1階「上食」)

 

2日目 11月24日(日)

9:00 受付開始

A会場(国際関係学棟3108号教室)

パネル1「カンボジア農村の生業変容に関する個別性と普遍性:東南アジア農村の将来」

司会 小林 知(京都大学)

9:30-9:40 趣旨説明 小林 知

9:40-10:10 報告1「ポーサット州の生態環境と土地利用の変遷」

星川 圭介(富山県立大学)

10:10-10:40 報告2「ポーサット州村落サーベイ:家族・地域社会・生業転換」

小林 知(京都大学)

10:40-10:50 休憩

10:50-11:20 報告3「ポーサット州農業の変容」

矢倉 研二郎(阪南大学)

11:20-11:50 “報告4「ポーサット州における稲作栽培体系の特徴と変容」

本間 香貴(東北大学)

12:00-13:15 昼食休憩

13:20-13:50 報告5「トンレサープ湖の小規模漁業と資源管理」

堀 美菜(高知大学)

13:50-14:20 報告6「ポーサット州山地フロンティアにおける農地開拓の過程」

百村 帝彦(九州大学)

14:20-14:30 休憩

14:30-15:00
コメント1 松田 正彦(立命館大学)
コメント2 阿部 健一(総合地球環境学研究所)

15:00-16:00 質疑応答

B会場(国際関係学棟3316号教室)

Panel2 Hidden hands of the Great Powers in Indonesia:
Critical examinations of US Academia in the Cold War Moderator

KITAMURA Yumi (Kyoto Univ.)

9:30-9:35 Summary of the panel

KOCHI Kaoru (Kanda Univ. of International Studies)

9:35-10:05 Presentation1 “Army – Academia relations in Indonesia: Soewarto and SESKOAD as a cradle for the New Order”

KOCHI Kaoru (Kanda Univ. of International Studies)

10:05-10:35 Presentation 2 “A cautionary tale of arrogance: The Harry Benda translation of Japanese Military Administration in Indonesia and the US”

William Bradley Horton(Akita Univ.)

10:35-11:05 Presentation 3 “Academic money laundering during the Cold War: The case of the MIT Indonesia Project”

YAMAMOTO Mayumi(Miyagi Univ.)

11:05-11:15 Break

11:15-11:35 Comment

Michael J. Montesano (ISEAS, Yusof Ishak Institute)

11:35-12:10 Q & A

12:00-13:15 昼食休憩

パネル3「東南アジアにおける「イスラーム国」のインパクト」

司会 見市 建(早稲田大学)

13:15-13:20 趣旨説明 見市 建

13:20-13:50 報告1「『マウテ・グループ』台頭とマラウィ市街戦:フィリピン南部の和平プロセスからの一考察」

石井 正子(立教大学)

13:50-14:20 報告2「マレーシアにおける『イスラーム国』支援者の背景:イスラーム運動の多様化と分断」

塩崎 悠輝(静岡県立大学)

14:20-14:50 報告3「インドネシアにおけるIS台頭のパラドックス:分裂と国内政治への参与」

見市 建

14:50-15:00 休憩

15:00-15:15 コメント 溝渕 正季(名古屋商科大学)

15:15-16:00 質疑応答

16:10 閉会の辞 土佐桂子(東南アジア学会会長)

Close Menu