ハラスメントのない学会をめざして(宣言文,ガイドライン)



 会員各位

 東南アジア学会2017年度秋季研究大会(第98回)を下記のように神田外語大学に会場をお借りして開催します。
 1日目には自由研究発表が、2日目には共通シンポジウムが行われます。自由研究発表では、10本のバラエティに富んだ報告が予定されています。また、今回の共通シンポジウムのテーマは、「基礎教養の対象としての東南アジア」。今後進展する教育課程の再編を見据えながら、東南アジア教育の在り方をさまざまな現場から報告していただき、議論します。
 研究大会にあわせて1日目の夕方に会員総会を行います。会員総会では、先に会員の皆さまにご協力いただいた「学会活性化に向けたアンケート」の結果を踏まえて、理事会より活性化の具体的な方策についての提案をさせていただく所存です。会員の皆さまにはご出席のほど、よろしくお願い申し上げます。
 会員総会の後に、第15回東南アジア史学会賞の受賞作の発表と授賞式も行われます。
 何卒よろしくお願いいたします。
 研究大会には会員・非会員を問わずご参加いただけます。事前登録は不要、参加費は無料です。皆さまの積極的なご参加をお願い申し上げます。

会長 飯島 明子 

 プログラム・発表要旨はこちらよりご参照下さい。

事務局:大阪大学大学院言語文化研究科 池田一人研究室
    〒562-8558 大阪府箕面市粟生間谷東8-1-1
    Email jsseas@ml.rikkyo.ac.jp