ハラスメントのない学会をめざして(宣言文,ガイドライン)

2016年5月
会員各位
東南アジア学会
会長 青山  亨

東東南アジア学会2016年度春季研究大会(第95回)を 下記のように大阪大学豊中キャンパスをお借りして開催します。
1日目には自由研究発表と東南アジア史学会賞の受賞記念講演が, 2日目にはパネル報告が行われます。 自由研究発表では7本の報告,パネル報告では8パネル計29報告という充実した内容となっています。 記念講演では俵寛司会員による「脱植民地主義のベトナム考古学―「ベトナムモデル」「中国モデル」を超えて―」が予定されており,注目されます。
なお、研究大会にあわせて1日目の夕方に会員総会を行います。
研究大会には会員・非会員を問わずご参加いただけます。 事前登録は不要,参加費は無料です。 みなさまの積極的なご参加をお願い申し上げます。

 研究大会/会員総会

  • 日時:2016年6月4日(土),5日(日)
  • 場所:⼤阪⼤学豊中キャンパス
       (〒560-0043 ⼤阪府豊中市待兼⼭町 1-5(⽂学部))

詳しくは 研究大会のご案内 をご覧ください。

事務局:東京外国語大学総合国際学研究院 菊池陽子研究室
    〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
    Email jsseas@ml.rikkyo.ac.jp