『東南アジア―歴史と文化―』総目次​​

号数で選択:
『東南アジア―歴史と文化― 』 46
2017年5月30日発行
[研究ノート]
ベトナム民主共和国の新生活様式政策における規約の策定指導 大泉さやか 5
[新刊書紹介]
箕曲在弘『フェアトレードの人類学――ラオス南部ボーラヴェーン高原におけるコーヒー栽培農村の生活と協同組合』 岩佐光広 27
津田浩司・櫻田涼子・伏木香織 編著『「華人」という描線――行為実践の場からの人類学的アプローチ』 松村智雄 33
甲斐田万智子・佐竹眞明・長津一史・幡谷則子 編著『小さな民のグローバル学――共生の思想と実践をもとめて』 奥村みさ 38
野中葉『インドネシアのムスリムファッション――なぜイスラームの女性たちのヴェールはカラフルになったのか』 塩谷もも 43
岩井美佐紀・大野美紀子・大田省一『ベトナム「新経済村」の誕生』 寺本 実 47
Sari K. Ishii, ed., Marriage Migration in Asia: Emerging Minorities at the Frontiers of Nation-States 岩井美佐紀 53
小河久志『「正しい」イスラームをめぐるダイナミズム――タイ南部ムスリム村落の宗教民族誌』 柴山信二朗 57
永野善子『日本/フィリピン歴史対話の試み――グローバル化時代のなかで』 内山史子 63
倉沢愛子 編『消費するインドネシア』 福武慎太郎 68
鈴木佑記『現代の<漂海民>――津波後を生きる海民モーケンの民族誌』 加藤久美子 73
西芳実『災害復興で内戦を乗り越える――スマトラ島沖地震・津波とアチェ紛争』 亀山恵理子 78
末廣昭『新興アジア経済論――キャッチアップを超えて』 櫻井宏明 83
俵寛司『脱植民地主義のベトナム考古学――「ベトナムモデル」「中国モデル」を超えて』 山形眞理子 88

Copyright© Japan Society for Southeast Asian Studies.

Close Menu