ようこそゲストさん

事務局からのお知らせ/研究会などの案内

2015/04/18(土) 第248回中部例会の御案内

2015/04/10 16:35 地区例会info-sea

東南アジア学会会員各位

第248回中部例会の御案内です。
下記の要領で開催いたしますので、 多くの方々の御来場をお待ちしております。
なお、2015年度より、会場を愛知大学名古屋キャンパスとさせていただきますので、
お間違えの無いようにお願いいたします。

中部地区担当・加納

             記

日時:2015年4月18日(土)14:30~17:00
会場:愛知大学名古屋校舎(名古屋市中村区平池町4-60-6)
     厚生棟3階W31会議室
      http://www.aichi-u.ac.jp/sasashima/access.html
      名古屋駅下車徒歩15分
      またはあおなみ線ささしまライブ駅徒歩5分

報告者: 小座野八光(愛知県立大学外国語学部)
報告タイトル: ジャワ村落リーダーシップの循環性についての一考察
          -北海岸地方における事例分析
報告概要:
ジャワ北海岸地方の村落部におけるリーダーシップの構造は、1940年代後半の
日本の敗戦・撤退とオランダ軍再進駐による混乱期、また、1998年にスハルト体
制が一気に崩壊して社会が不安定化した時期の2回にわたって、きわめて大きな
動揺に見舞われることになった。伝統的な村落首長イメージから一時的に解放さ
れた村落住民は、出身家系や村落行政における経験といった要素を考慮せずに、
これまでにない新たなタイプの首長を選出する傾向が現れた。しかし、その後、社
会が安定を取り戻し、特に経済状態が改善されはじめると、住民は継続的な村落
経済発展に適した条件を備えた首長を求めはじめる。これらの要請に最も適合的
であったのは、かつて不安定な社会状況の中でいったんは村落住民から否定され
た伝統的な村落首長家系に属する者たちであった。この村落首長権における循環
現象は、過去2度にわたって顕在化している。

*中部地区では、原則としては第2土曜日に例会を開催します。
  (報告者の都合や会場校の都合等により、別の日程で実施することもあります。)
   報告を希望される方は、氏名・所属・発表希望月日・報告題目・
   報告要旨(200~400字程度)・希望使用機器を記載の上、下の問合せ先まで
   ご連絡ください。

問合せ先:加納寛(愛知大学国際コミュニケーション学部) kano@aichi-u.ac.jp